【SPINDA No.31 好評発売中】

  詳しくはこちら!!!

ご案内

ようこそ。ここは京都大学蝶類研究会、通称”京大蝶研”の公式ホームページです。

このホームページは次のように構成されています。

・Top
 └今ここ。
Information
 └京大蝶研からのお知らせ。
About
 └京大蝶研とは?
Works
 └会誌"SPINDA"などの紹介。通販のご案内もこちらから。
Member
 └京大蝶研会員の紹介。
Link
 └リンク集。
Diary
 └活動日誌。

2019年01月05日

2019、妄想と採集。

あけましておめでとうございます。
今年の干支は亥。年男となりますO畑です。
年末年始の帰省で香川に帰っていました。ついでにすこし採集にもでかけてきました。
年末の冷え込みで香川の山々の上部にも雪が薄く積もり、年明けになってもまだのこっていました。

狙いはメスアカ、ダイセンの卵とオオムラサキの幼虫。
まずはオオムラサキ。
香川では南部の山に行けば普通にいるオオムラサキですが、低山帯ではほとんど見かけません(乾燥が激しいからかな)。
どの辺までいるのかなぁとここ数年いろんな場所を巡っています。年によっていたりいなかったりもあって今年も昨年採れたところでnullを食らってしまいました。でも、少し南に下るとソコソコの密度でおりました。別の場所では一昨年行って採れなかったところで今年は採れたり…。
京都大学周辺でも簡単に幼虫が採れますが、香川のオオムラサキももっと広く探してみたいものです。

エノキ_190104.jpg
オオムラサキがいたエノキ


続いてメスアカ、ダイセン。
南部の山に入り、サクラやコナラの枝や芽に産まれた卵を探します。今回、まだ行ったことのない山に入ってみました。記録は知りませんが、標高としてはいてもおかしくない所です。標高650~700 m付近でなんとかメスアカ少しとダイセン1卵のみ発見できました。結構粘りましたが、貧果でした。

翌日は西部を攻めることに。地形図で標高が十分で広葉樹林の中を林道の走っているポイントに目星をつけ、いざ出発。車では入れなかったので下から足で登りました。300mほど標高を上げ、いい感じの環境に。香川では珍しくオニグルミやウラジロガシがたくさん生えています。オニグルミといえばオナガ、ウラジロガシといえばヒサマツですがどちらも香川で発見されていません(知らないだけかもですが)。
ここにオナガが....などと妄想を膨らまし、オニグルミの枝を見ていきますがやっぱりついていません。斜面に生える芽つきバツグンのウラジロガシを見つけてはここにヒサマツが....とさらなる妄想を…。
てっぺんの芽をパツン。
…。
まぁダメでした。

渓谷_190104.jpg
オニグルミやウラジロガシの茂る渓谷


妄想はそろそろやめてメスアカ、ダイセンを探しますが、こちらも全然採れません。環境はとてもいい感じですが、ダメです。
ダイセンは1卵のみ。メスアカは殻だけでした。まぁ生息は確認できたのでよしとしましょう。
帰りにオオムラサキをちゃちゃっとつまんで帰りました。やっぱりここまで山に入るとたくさんいます。
メスアカ殻_190104.jpg
大穴のあいたメスアカの卵殻。


今年もいい年になりますように。
オオムラサキ幼虫_190104.jpg


(O畑)
タグ:採幼 採卵
posted by 京大蝶研 at 01:58 | Comment(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月13日

卵の住人

先日フジミドリシジミの卵を採卵した際に、何となく違和感を感じた1つの卵殻を持ち帰りました。
家で顕微鏡を覗くとびっくり、卵の中に、真っ白なダニが住み着いていましたとさ。小さなイモムシが冬を越せるぐらい立派な卵なので、他の生物にとっても住み心地が良いのかもしれませんね。(shun)
IMG_5077.jpeg

posted by 京大蝶研 at 12:50 | Comment(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月21日

SPINDA No.33 発売!

SPINDA33.png


大変お待たせいたしました。
SPINDA No.33が発売となりました!

今年度の全体企画は「3Wの旅」
When いつ
Where どこで
What なにを
の3つをくじ引きで決め、各会員たちはそれぞれ旅立っていったはずが……?

海外旅行記は台湾・ベトナム・タイ。
特にOB市村氏のベトナム旅行記は読み応え十分の面白い旅行記となっています。

また国内旅行記ではそれぞれの会員の好きな蝶の採集記が集まり、各会員・OBの個性が強く出た号に仕上がりました。

さらに毎年の恒例となりつつある採卵合宿、2017年は岡山県を舞台に敢行しました。
フレッシュな会員たちが記事を書いてくれています。

それ以外にも世界のウラボシシジミについての若干の解説や、豊富な短報など、資料としても見ごたえのある一冊です。
是非お手に取ってご一読ください。

*京大蝶研ではSPINDAの通信販売を承っております。ご購入を希望の方はWorksのページをご覧ください。


posted by 京大蝶研 at 11:51 | Comment(0) | Information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SPINDA No.33

SPINDA33.png


SPINDA No.33
定価 2,500円

目次

はじめに                船橋智耀  1

海外旅行記
 素晴らしき島台湾へ          船橋智耀  5
 越南きぶん              市村徹也  14
 タイ旅行記              大畑勇統  27

国内旅行記
 バシロ、好きです 南越前の黒バシロ・三重県の山バシロ 犬飼拓展 32
 山屋、蝶を追う 新穂高でオオゴマシジミ・ベニヒカゲを探して 乾 智洋 38
 石垣島採集記             埜田寛生  41
 四国ルリクワガタ巡り         新野晃一朗 43
 原生林の隅っこで 京都府のカミキリムシと向き合う 小西堯生 46

SPINDAノート
 幻の全体企画「3Wくじの旅」      京都大学蝶類研究会 51
  静岡蝶蜂採集記           溝手 舜  52
  愛媛採集記             溝手 舜  60
  流れ橋のたもとで          熊田聖三  64
 採卵合宿 浅野組           片所杏野  67
 採卵合宿 野村組           上西太朗  71
 採卵合宿 コルリ組          新野晃一朗 74
 世界のウラボシシジミ覚書 A note of the genus Pithecops 竹井 一 76
 わが愛より播けるものは 相撲部の思い出 小西堯生  80

短報集
 京都府でエゾヨツメの黒化型を採集        熊田聖三  84
 ウラギンヒョウモンの斑紋発達個体を採集     犬飼拓展  84
 飼育下での翅の一部欠損の記録          犬飼拓展  85
 モンシロモドキ♀を神戸市垂水区にて観察
  観察記録の報告と兵庫県版レッドリストでの取り扱いについて 柴田洋昭 85
 京都府木津川河川敷でヤマトオサムシダマシを採集 新野晃一朗 87
 京都府でケブカマルクビカミキリを採集      新野晃一朗 87
 ルリシジミの黒斑消失個体を採集         片所杏野  88

2017年日本産蝶類情報 89
2017年度活動記録 115
京大蝶研会員名簿(2018年度) 117
京大蝶研の刊行物 119
SPINDA電子版の販売について 120
編集後記 121
posted by 京大蝶研 at 11:16 | Comment(0) | Works | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月12日

NF(文化祭)のご案内 2018

今年も文化祭の季節がやってきました。
今回は標本展示のみならず、50周年を迎えた蝶研の活動を振り返るような企画展示を考えています。

日程 :
11/22(木) 10:00~18:00
11/23(金) 10:00~12:00
11/24(土) 10:00~18:00
11/25(日) 10:00~17:00

場所 :
吉田南総合館 共北32教室

是非お越しください。
posted by 京大蝶研 at 21:52 | Comment(0) | Information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする