【SPINDA No.31 好評発売中】

  詳しくはこちら!!!

ご案内

ようこそ。ここは京都大学蝶類研究会、通称”京大蝶研”の公式ホームページです。

このホームページは次のように構成されています。

・Top
 └今ここ。
Information
 └京大蝶研からのお知らせ。
About
 └京大蝶研とは?
Works
 └会誌"SPINDA"などの紹介。通販のご案内もこちらから。
Member
 └京大蝶研会員の紹介。
Link
 └リンク集。
Diary
 └活動日誌。

2017年03月23日

新入会員募集中

新入生の皆様、ご入学おめでとうございます。

京大蝶研は蝶を含めた様々な昆虫の採集、飼育、撮影をしているサークルです。
今までに昆虫を採集した経験のない方でも、会員が昆虫の捕まえ方やおすすめの採集場所を教えてくれるので安心して参加できます。
入会制限もなく、活動への参加も任意のため、どなたでも気軽に自分のペースで楽しむことができます。

少しでも興味がありましたら、ぜひ一度見学にお越し下さい。4月中は毎週水曜日の18:30に時計台前で虫取り網を持って会員が待機しているので、声をかけてくだされば蝶研の例会にご案内します。
また、採集会などの新歓イベントも行う予定ですのでそちらもぜひご参加下さい。
皆様の入会をお待ちしております。

連絡先
spinda.4649蟲gmail.com(京大蝶研メールアドレス)
(「蟲」を@に直してメールください。)
posted by 京大蝶研 at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | Information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

蝶とは関係ない算数の話

HP担当だがなかなか採集に行けていないのらです。
書くことはないが、そろそろHPを更新しなければならないようなので、酔った勢いで私が小学校6年生だった頃の忘れられない問題について書こうと思う。
問題といっても黒歴史を書くわけではない。そのまま算数の問題なのである。

問.以下の図中の灰色部分の面積を求めよ。
問.png

小学校6年生の卒業間近だと記憶しているが、担任の先生が出した宿題である。「解けたらすごいよ、算数が得意なやつは解いてみてほしい」という趣旨のことを言っていた。小学校6年生の当時の私にとって算数は、理科とともに得意中の得意教科であり(故に理系である。逆に社会の歴史と国語は苦手だった)、先生のその一言は私を本気にさせた。

図形としては直角三角形が2つ合わさったシンプルなものだ。おそらく中学受験の問題なのだろうが、出典は未だに分からずにいる。高校での知識を動員すれば解くことは割りと簡単なのだが、小学生レベルで解こうとするとこれがなかなか難しいのである。当時の私は図形をいくつかに分割してみたり白い部分の面積を算出しようとしてみたりしたのだが、どうしても解けなかった。
次の算数の授業まで答えを待てなかった私は、その日の夜父親に解いてもらった。父親は意外にもすんなり解いてしまったので、父親を少しばかり尊敬したのだが、それ以上に悔しく感じた。

少々前だが同じ京大生に「小学生にも分かるように」解いてもらったことがあるのだが、高校レベルを使わない方法ではあまり解ける人がいなかったように記憶している。小学生でこれが解ける方がいれば京大生以上(すくなくとも当時の私以上)だ。ぜひとも京大に入って京大蝶研に来てもらいたい。

解き方はいくつかあると思う。解答例は示さないので、各自頭をひねってみてほしい。
答えは下に書いてあるので反転して表示
→ 15 cm2

世間は受験シーズンである。ふとこんな問題を思い出したのでつらつらと書いたのだが、次回は蝶の話題でお会いしたい。


posted by 京大蝶研 at 21:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月22日

フジフジ〜

久しぶりの更新です。

S野とOB N波氏と北山にフジミドリシジミの採卵に行ってきました。

前日に降った雪の影響で一面真っ白。ちなみにフジの卵も真っ白ですよ!

_20161221_235149.JPG
誰も歩いていない雪の上を歩くのは気持ち良い。まさにラッセル車状態。

_20161221_235229 (1).JPG
冬至が近いので太陽の位置が低いです。

さてさてフジはというと、いることはいるけどあんまり多くありませんでした。
唯一良かったのは斜面に入っても、雪のおかげで服やズボンが泥だらけにならずに済んだことくらいですかね。

今年もあと少し、あと一回くらいどこか行きたいな。

ふなっしー
タグ:ゼフィルス
posted by 京大蝶研 at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

明日から11月祭

明日19日から22日まで京都大学の学祭11月祭です。
京大蝶研は今年も例年通り標本の展示などを行います。是非!

展示会場は吉田南構内 共北棟 32教室です。是非是非
posted by 京大蝶研 at 15:38 | Comment(1) | TrackBack(0) | Information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月11日

タイワンツバメシジミ

S野と鹿児島に行ってきました

狙いはまだ見ぬタイワンツバメシジミ。
ポイントはおろか、どんな環境に生息しているのかもよくわかりません。シバハギもどんなのかよくわからんし。

ひとまず目星をつけておいたところに行ってみます。

IMG_3631.JPG
早速ありました。なるほど、これがシバハギか。

辺りをウロウロしてみます。

いたっ!と思ったら、、

IMG_3628.JPG
ただのツバメシジミでした。これはこれで綺麗やけど、君じゃない。

今度こそ!と思ったら、、

IMG_3627.JPG
クロマダラソテツシジミ(通称クマソ)でした。

3度目の正直!

IMG_3633.JPG
タイワンツバメシジミ♂です。しかも超新鮮。
シバハギの花が咲いていなかったので心配でしたが、何とか出ていました。

しばらく追いかけてみるとシダ上に止まりました。

IMG_3648.JPG
なかなか可愛い顔してますね。

お次はまた別の場所で散策。
ほどほどに探し回って何とか生息地発見。こちらも出始めで♂しかいませんでした。

IMG_3599.JPG

IMG_3617.JPG
この個体はテリトリーを張っているような感じで、他の個体を盛んに追尾していました。

シバハギの花はほんとに咲き始め。この程度のものが数株あったのみです。
IMG_3676.JPG

タイワンツバメシジミ、探しがいのある蝶でした。

撮影日 9月6日&7日
鹿児島県
ふなっしー
posted by 京大蝶研 at 18:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする