【SPINDA No.31 好評発売中】

  詳しくはこちら!!!

ご案内

ようこそ。ここは京都大学蝶類研究会、通称”京大蝶研”の公式ホームページです。

このホームページは次のように構成されています。

・Top
 └今ここ。
Information
 └京大蝶研からのお知らせ。
About
 └京大蝶研とは?
Works
 └会誌"SPINDA"などの紹介。通販のご案内もこちらから。
Member
 └京大蝶研会員の紹介。
Link
 └リンク集。
Diary
 └活動日誌。

2018年06月14日

新歓採集会&BBQ ~2018~

今年度も新歓ウスバシロチョウ採集会&BBQを開催しました。
今年は蝶の発生がかなり早いということでバシロBBQも早めの開催が望ましかったのですが、天候不順などが重なった結果、例年よりも遅めの5/26(土)開催となりました...

流石にウスバシロチョウは擦れた個体ばかりではありましたが、個体数はそれなりに多く、またウラギンヒョウモンなど6月の蝶の姿も見ることができ、充実した1日となりました。

Image_c4dc7e2.jpg

新入生5人(2回生以上含む)も楽しんでくれたようで何よりです。

ジョニ男
posted by 京大蝶研 at 11:27 | Comment(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月17日

新歓採集会 延期のお知らせ

今週末の5/20(日)は新歓ウスバシロチョウ採集会&BBQを開催する予定でしたが、天候不順が見込まれるため5/26(土)に順延となりました。
開催場所と採集対象は、決まり次第追ってお知らせします。

またも急な告知となってしまい申し訳ないのですが、参加をご希望の方は5/20(日)を目処にご連絡をお願い致します。

蝶研メール
spinda.4649蟲gmail.com
(「蟲」を@に直してメールしてください。)
posted by 京大蝶研 at 14:00 | Comment(0) | Information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月15日

のらのギフチョウ出動記 その1

2018年4月1日
石川県小松市
開幕戦は発生の早い北陸の低地から。

IMG_4739 - コピー.JPG

IMG_4794 - コピー.JPG

個体数も多く、発生最盛期にうまく当たったようだ。

2018年4月21日
福井県
毎週末の雨予報にうんざりだったが、やっとのことで晴れた土曜日に高標高地のギフチョウを見に行く。

IMG_4821 - コピー.JPG

採集経験の浅い会員を連れての採集。しかし目の前に立ちはだかるのは雪の壁。
北陸の豪雪がまさかこんな形で立ちはだかるとは。
結局場所を変えて、なんとかギフチョウを見ることはできた。

続く……?


のら
posted by 京大蝶研 at 00:06 | Comment(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月11日

新歓採集会のお知らせ(2018)

新歓採集会のお知らせです。告知が遅くなってしまい申し訳ないのですが、今年は5/20(日)に京都市北部でウスバシロチョウ採集会&BBQを開催する予定です。

 朝に大学に集合し、レンタカーで採集ポイントを巡ったのちに午後からBBQ、という流れになります。解散は夕方(大学近辺)になるかと思います。
 
車の準備など調整が必要なので、参加を希望される方は5/13(日)5/14(月)を目安に連絡して頂きたく思います。急ではありますが宜しくお願い致します。

蝶研メール
spinda.4649蟲gmail.com
(「蟲」を@に直してメールしてください。)
posted by 京大蝶研 at 14:32 | Comment(0) | Information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月30日

オオムラサキの飼育?

年始に紹介したオオムラサキ幼虫の飼育記事です。

あのときに採幼したオオムラサキ2幼の内、実は1幼には腹部の後方にイボのようなデキモノ?がありました(写真はないです)。ただ、会長をはじめにオオムラサキ飼育経験組からは、越冬中のオオムラサキが寄生されてたことがないと聞いていたので、あまり気にせず保管していました。

3/29日に様子を見てみると、その幼虫だけが死んでいました。そして容器の底には小さめのハエの蛹が1つ転がっていました!オオムラサキが寄生されていたことは少し悲しかったですが、せっかくなのでハエの成虫を見ることに…
IMG_3939.jpg

4/12日に容器を見てみると、小さなヤドリバエが羽化していました(写真は死後に観察したもの)。種の同定は僕には出来ないですが、長い体毛や、黒い腹部に走る灰色の縞模様がなかなかオシャレだと思います。インターネットの情報だと、ゴマダラチョウにも寄生するようですが、僕が同時に採ったゴマダラ3幼は無事でした。
IMG_4063.jpg

ということで前言撤回、ヤドリバエ飼育記事でした〜。         (shun)
posted by 京大蝶研 at 14:39 | Comment(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする